ページトップへ

安心の自社施工

完全自社施工

対応可能な建築構造



リシェント玄関ドアにおいては木造のみ取り付け対応となっておりますが、弊社では独自のノウハウ、技術により、非木造にも対応可能です。

 

施工手順

1,養生

まずは、養生をきっちりと行います。

2,不要な部分の解体

既存ドアを取り外し、新しい枠が入るように不要な部分を取り除きます。
ランマ付きの場合や袖がある場合はグラインダー等で切断し取り除きます。

 
 3,新しい枠の取り付け

カバー工法
残した枠の上に新しい枠を取り付けます。
これがカバー工法です。一般的なドア交換の場合、壁を切り、床タイルを斫り、内装のクロスや造作材などを外して枠ごと取り換えなければいけなかったので様々な業者さんが必要でした。工事期間も約5日かかり、費用も高くなってしまうといったことが、この「リシェント」なら私たちのみで、工事期間も約1日で終わり、費用も抑えられるといったメリットがあります。

※カバー工法の特性上、開口サイズが周囲約2.5㎝ずつ小さくなります。

対角,垂直,幅
対角、垂直、幅の3点を1mm単位で正確に出します。
これが扉を取り付けるにあたって最も重要なところだと弊社は考えています。

この3点が正確に出ていなければ扉が閉まらなかったり、後々調整では対応がしきれなかったりと、不具合が生じます。

対角
垂直



 ネジ
枠を止めるネジはステンレス製のなべタッピンねじ(4×60)のネジを使用しています。
※納まりによって異なる場合もございます。
スペーサー
枠をしっかり固定するため既存枠と新しい枠の間にスペーサーを入れます。樹脂スペーサーなので経年劣化せず1mm単位の調整ができる利点があります。
 
4,額縁の取り付け

外額縁
外額縁には小・中・大と既存の枠の納まりにあった額縁を手配し現場で一つ一つ加工をし取り付けます。壁と額縁のすきまはシーリング材を充てんします。


内額縁
内額縁も同様に小・大と既存の枠にあった額縁を手配し現場で一つ一つ加工をし取り付けます。

 
 5,ドアの吊り込み、ドアクローザーの取り付け

ドアの吊り込み
ドアの吊り込みには必ず2人か3人で行います。重量がありますので最善の注意を払い吊り込みます。吊り込み後はすぐに本体に傷や凹みなどはないかチェックをし、ドアの建て付け調整、丁番ネジの本締めを行います。



ドアクローザー取り付け
扉を吊り込み、調整した後に、すぐにドアクローザーを取り付けます。風などで扉が煽られてしまい、何かをぶつけてしまったりと扉を傷める原因になりかねないからです。取付後、ドアクローザーのストップ装置、スピードの調整を行います。

 
 6,細かい補修やチェック
ハンドルセットを取り付け鍵の調整をし、すべてのチェックを行います。最後に扉や枠、ガラスを拭き、周囲の掃除をきちっと行い、工事完了となります。 Before
After

 

 

弊社では、どんな玄関ドアもお客様の想像に合った仕上がりに致します。
是非、ご相談下さい。