ページトップへ

リシェントについて

冬は暖かく、夏は涼しく

冬暖かく、夏涼しい住まい。
断熱性能に優れた勝手口ドアは、欠かせないアイテムです。

 

せっかくの冷暖房も寒風や熱気が入ってきてしまっては台無し。断熱性能を高めるドアのリフォーム。それは、普段通りに暮らすだけで、無駄なエネルギーを使わない、自然と共生するエコの方法です。

 

アルミと樹脂のハイブリッド構造により高い断熱性能を誇ります。

断熱仕様は、アルミと樹脂のハイブリッド構造により断熱性能とデザイン性を両立させています。

 

熱を通しにくいガラス素材、複層ガラス。

中空層の働きで、高い断熱効果を発揮。ガラス面の結露も抑制します。

一般PG

2枚のガラスを組み合わせて中空層を設けたスタンダードタイプの複層ガラス。通常ガラスの約2倍の断熱効果を発揮します。

Low-E複層ガラス

 片側のガラスにコーティングされた特殊金属層(Low-E層)により優れた断熱効果を発揮します。

ガラスの断熱効果を向上させる、Low-E複層ガラス

Low-Eとは、Low Emissivity(低放射)の略語。ガラス表面に、特殊金属をコーティングし、放射による熱の伝わりを抑えます。 

 

機能について