ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

 

 本日は、西宮にあるK様宅の窓リフォーム(2箇所)に行っておりました。

木製建具→アルミ建具(ガラスはペアガラス)へのリフォーム。

ただし、既存の雨戸は残すことに。

その主な理由は2つ。

雨戸ごとリフォームすれば、雨戸が納まっている「戸袋」を撤去し、補修等の金額が嵩むこと。

既存の雨戸は現在も使えること。

 

問題は、既存の雨戸を今後も使いながらアルミ建具へ交換できるか、という点。

つまり、既存の雨戸を開閉する際に新設の(アルミ建具の一番室外側に付く)網戸と干渉し、

雨戸が開閉ができなくなる恐れがあるということ。

さらに、今回リフォームする建具(窓)の一箇所は隣の建具(窓)の戸袋と一部重なっており取付けが困難だったこと。

 

このような現地調査時から気になる点がございましたが何はともあれ無事に2箇所とも工事は完了しました。

ペアガラスになり、既設の単板ガラスに比べると断熱性も高まったことと思います。

 

Before その1

After その1

Before その2

After その2

 

 

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧 | 窓のこと

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /
  • 7 /

2ページ (全9ページ中)