ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日は、川西市にあるI様宅の玄関ドアリフォームを行っていました。

玄関引戸 → 玄関ドアへ変更しての改装です。

 

引戸の開閉が、主に下枠の歪みによって開閉困難になっていました。

玄関は、毎日出入りする開口部なだけに、開閉が困難だとストレスが溜まりやすいですからね。

 

また、既存の玄関引戸の開口も決して広くはありませんでした。

リシェント(カバー工法)の特性から、一般には既設の開口広さより狭くなります。

そこで選択肢の一つとして、ドアへの変更をお話すると、前向きに検討されたようです。

 

さらに、現地調査時に採寸していると、ドア枠の「ランマ付」 or 「ランマなし」の選択も可能でした。

I様はランマ付を選択。

 

 下部のタイルが一部剥離しており、また歪みや不陸があったので左官補修工事を行いました。

セメントが完全に乾ききっていないので、やや濃い色になっていますが、乾くともう少し薄くなり馴染むと思います。

Before

After

この商品の詳細・価格はこちら

 

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全30ページ中)