ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日のリフォームは、京都府亀岡市のY様宅の勝手口ドアです。

近畿の中では、比較的寒い地域になると思います。

勝手口ドアも断熱仕様を取り付けました。

 

この断熱仕様は室内側に樹脂を使用している点が大きな特長です。

樹脂を使用することで、アルミ仕様に比べて断熱性がアップします。

また、ガラスもより断熱性に優れたLow=E複層ガラスを選択できます。

さらに、障子部は「フラットスライド機構」を採用し、

同じ上げ下げ採風機構のアミルPG仕様/SG仕様と比べ高い気密性を実現できます。

一方、「フラットスライド」の特性からか全閉時のみでしか固定ロックが機能しません。

アルミPG仕様/SG仕様は全閉時及び上下35㎜開いた状態で固定ロックによって固定できます。

 

 上記だけでも、アルミPG/SG仕様と断熱仕様を比べると、一長一短があるということが分かります。

お客様が何を重視するかでお選びになれば良いと思います。

勝手口ドアの交換をご希望のお客様で、決めかねているようでしたらご相談下さい。

 

他に、ガラス交換(アタッチメント付複層ガラス :AGC製の「ペヤガラス」)を6箇所させていただきました。

 Before

 After

リシェント勝手口ドア
断熱仕様; (ガラス:Low-E複層ガラス)
ブロンズ色
W670×H1888
本体 G型 井桁格子


この商品の詳細・価格はこちら

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全28ページ中)