ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日のリフォームは兵庫県にあるO様宅の玄関ドア。

玄関ドア交換を機に (既設)片袖ドア→親子ドアへ、枠のタイプを変更しました。

親子ドアの場合、普段は子扉を開閉することがなくても、大きな荷物等を搬入出する時に開閉できる点で便利です。

そのうえ、リフォームする際に(既設)片袖ドア→親子ドアへの枠のタイプの変更は比較的簡単にできます。

開口幅の関係で、片袖ドアと親子ドアは製作可能寸法範囲が近いのが主な理由です。

ですので、 (既設)片袖ドア→親子ドア、

その逆の(既設)親子ドア→片袖ドアへ変更したい場合は、現地調査時にご相談下さい。

さて、O様宅の玄関ドアは、スリットも横から縦になったことで玄関のイメージも随分と変わりました。

 Before

 After

リシェント玄関ドア3
断熱仕様 (k4仕様)
クリエダーク色
枠 親子
W1160×H2180 × DW 864
本体 M27型
子扉 K12型
ハンドル F1C型


この商品の詳細・価格はこちら

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全28ページ中)