ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日は、高槻市にお住まいのI様宅へ浴室窓のリフォームに行っておりました。

浴室を(ユニットバスへ)リフォームするので、一緒に窓もリフォームしたい、とのこと。

 

実はI様、はじめは浴室窓のリフォームは全く考えていなかったようです。

ところが、浴室窓を断熱性の高い窓にすると効果が高いことを知り、急遽工事を望まれたようです。

 今年の冬は寒かったこともあり、例年よりも浴室の寒さを体験したことがきっかけだとか。

 

じつは外皮(壁、床、天井や窓など)の中で最も熱が移動するのは窓です。

したがって、窓を高気密、高断熱にすることは、より快適な生活を送るための必要条件といえます。

 

 話を戻すと、I様宅の既設の浴室窓は、ルーバー窓の単板ガラスでした。

一般に、ルーバー窓の気密性や断熱性は、窓種の中では高くありません。

加えて、既設ガラスは単板ガラスでした。

よって、窓種を縦すべり出し窓、ガラスをLow-E複層ガラスにしたI様宅の浴室は、

ユニットバスの効果と相俟って断熱性UPは間違いないでしょう。

 

 Before

 After

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全28ページ中)