ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日は、兵庫県にあるH様宅の窓リフォーム。

猛烈な台風21号にって飛来物が雨戸と窓に当たり被害を被った、とのこと。

被害に遭った窓は木製の雨戸付引違い窓。

現地調査に伺うと、築年数も経っていたこともあり、開閉不具合はもちろん危険な状態になっておりました。

そこで、ガラス割替えと雨戸補修ではなく、窓ごと交換することに。

 

本来なら、雨戸付引違い窓で対応するのが良いと思います。

既存の木製の雨戸付引違い窓から雨戸付引違い窓(アルミ製)へ、というように。

しかし、今回の (木製)雨戸には戸袋がついており、その戸袋が障壁になりました。

どういうことかと申しますと、

戸袋を撤去すると、その跡がハッキリと見えてしまうということ (美観の問題)。

もちろん、外壁工事もするのなら問題はありませんが、

外壁工事を行うと、工期と費用がかかるということ(工期・費用の問題)。

 

今回は、台風による被害であり保険の適用が考えられます。

また、H様もそこまでの大きな工事を望んでおられませんでした。

 

そこで、弊社としては、窓に関してはアルミ製の引違い窓に。

雨戸に関しては既存の戸袋は残し (利用し)、戸板のみを交換することに。

ただし、上部の雨戸溝は新たにアルミの枠で対応しました。落下等の恐れがあるため。

 

最後に、台風24号が兵庫県に接近しているようです。

皆様もお気をつけてお過ごし下さい。

 

 Before

木製戸袋付雨戸引違い窓

 After

内付RSⅡ+単体雨戸ルーバー

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全28ページ中)