ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日は、大阪にあるM様宅の勝手口ドアの改装工事。

既存の勝手口ドアの隙間風が気になっている、とのこと。

建付け調整では困難なため、勝手口ドアをリフォームすることになりました。

 

ところで、M様宅付近では空き巣被害が多発しており、

M様宅も某セキュリティー会社に入っておりました。

この点、リシェント勝手口ドアは、標準でも防犯性を高める装備があるのでピッタリだと思います。

たとえば、

施錠開け対策として、1ドア2ロック仕様を標準装備。

こじ破り対策として、デットボルトは鎌付きになっています。

また、ガラス破り対策として、室内側についているサムターン (つまみ)を取り外すことができます。

つまり、サムターンを取り外しておくことで、たとえガラスを割られても、サムタームを回しての解錠が不可能だということ。

ただし、こちらの装備(セキュリティサムターン)は選択品であり、下側のみとなります。

 

さらに、リシェント勝手口ドアはすべてに網戸付き格子がついています。

この格子はガラス部の手前(室外側)に付いているので、一層ガラスを割られにくくする役割を果たすと思います。

 

 ガラス割れの保護という観点からいえば、格子は強風等による飛来物の対策にもなるのではないでしょうか?

 Before

ミサワホーム 勝手口ドア

 After

ミサワホームにリシェント勝手口ドアC型格子

リシェント勝手口ドア
アルミPG仕様
ブラック色
W732×H1960
本体 C型 ヒシクロス格子


この商品の詳細・価格はこちら

 最後に、本日は1階のテラス屋根(アクリル板)の交換も行いました。

 

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全28ページ中)