ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

本日は、和泉市にあるN様宅の玄関ドアリフォームに行っておりました。

N様曰く、玄関ドアの外見が気になって交換を検討し始めたそうです。

 

 最近、木製ドアの外見が気になり、交換を検討されるお客様が増えているように感じます。

専門業者によるメンテナンス(再塗装など)の金額が合えば検討する余地はあると思います。

以前に何度か書きましたが、木製ドアには木製ドアの良い側面がありますから。

 

ただ、メンテナンス (再塗装など)を選択される場合は、以下のことを検討された方が良いと思います。

 

● 今の玄関ドア部品(箱錠、ハンドル、ドアクローザー等)の状態はどうか。

再塗装をしてドア本体 (扉)の外見はキレイになっても、ドア部品に不具合がでると交換が必要になる場合があります。

ちなみに、上記の部品は年数の経過や使用状況により劣化や摩耗が進む、いわゆる消耗品だと思っていただいた方が良いです。

そして、純正部品が手に入ればいいのですが、廃番になっていれば交換は困難です。

再塗装をお願いする業者さんに、可能であれば一緒にみてもらうのもいいと思います。

 

● 既存ドアの性能で満足しているか

今のリフォーム用の玄関ドアは、デザインも良くなっています。(デサイン性の向上)

また、採風 (通風)機能や防犯性もアップしています。(機能性の向上)

さらに、電気錠 (現在のリシェント玄関ドアは電池錠)が選択できます。(利便性の向上)

 

玄関ドア (扉)が気になり始めたら、少なくとも上記の点を思い出していただきたいです。

 

さて、N様宅ですが、玄関ドアリフォームの際に、親子ランマ付→親子に変更されました。

ランマなし、またはランマ付は、メーカーの製作寸法範囲により、できない場合がございます。

 Before

After

 

 Before (内観左上)

 After (内観左上)

この商品の詳細・価格はこちら

 

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全30ページ中)