ページトップへ

ブログ

こんにちは

リフォームきたむらの小林です。

 

2020年がはじまりました。

今年は、東京オリンピックの開催、それに(日本でも次世代通信規格の)5Gがはじまりますね。

この2つの出来事が契機となって、テクノロジーの進化がさらに加速し始め、

私たちの身の回りの環境も変わり始める年になりそうです。

 

さて、今年はじめのリシェント工事は、勝手口ドアから。

大阪にお住まいのK様宅です。

強風の中での工事となりましたが、無事に完了しました。

 

既設の勝手口ドアはランマ付でしたが、新設の勝手口ドア(リシェント勝手口ドア)は、ランマなしに。

開口高が最大製作範囲内だったので、ランマ付の有無は選択が可能であり、

K様はランマなしをお選びになりました。

 

ここで採光についてひと言。

通常「ランマ付」から「ランマなし」にすると暗くなりがちですが、

リシェント勝手口ドアにはガラスが組み込まれています。

よって、K様宅のように、採光性のないドアからリシェント勝手口ドアにすると、明るくなりやすいです。

実際K様も「明るくなった」と仰っていました。

また、K様は、玄関よりもむしろ勝手口からの出入りを主としているそうです。

ドアからの採光で足下も明るくなり、安全の観点からも良くなったと思います。

 

最後に、リシェント勝手口ドアはすべて、採風(通風)タイプで、扉に網戸が取付けられています。

そのため扉を閉めた状態で、風を採り入れたり、換気ができるので便利です。

 

Before

 After

 


この商品の詳細・価格はこちら

友だち追加

→Instagrum

→face book

こちらもよろしければフォローお願いします♪

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全30ページ中)